ふたなりアイランド

牧田(ぼくでん)が思ったことを適当に書いていくブログです。気分でBLゲームや18禁ゲームのレビューもするので気をつけてください(当然ブログにはそういった直接的な描写は載せません)

【初心者向けブラサバ講座1】使用キャラは股間で選ぼう!

こんばんは。ブラサバの世界の中でも有数のためになるBLゲームのレビューまったくためにならないブラサバの解説をすることで有名な牧田です。

 


f:id:bokuden1:20181014214737j:image

世界累計300万DL突破のバトロワ系サバイバルアドベンチャー『ブラックサバイバル(ブラサバ)』がDMM GAMESにて配信決定(ここまで公式の文章丸パク)し、事前登録も無事2万人を突破しました。たぶん、美麗なイラストのおかげでアクティブユーザー数をはるかに上回る人数が釣れてます。この人たちを逃がす訳にはいかない。

…という訳で、今後初心者向けのブログ記事をちまちま書いていこうと思います。今回はその第1回として、そこそこ最低なタイトルの記事を書いてみました。

 

このゲームで対戦をするにはまずキャラクターを選びマッチング待機をする必要があります。そうしてマッチングを終えると、ゲームが始まり10人で争うことになります。

つまり、このゲームでまず一番に人と差のつく部分は「使うキャラクター」です。他のゲームでもそうですが、キャラクターの強さは戦闘を有利に進める上では非常に重要な要素です。ゲームによっては一定水準の強さにまで達していないキャラは「産廃」扱いされて無きもの扱いされているケースも少なくないでしょう。

そして、初心者の人達はだいたいまず経験者に「どのキャラが強いですか?」と質問している印象があります。対戦ゲームはやはり強キャラを使って勝ちたいので、その質問はよく分かります。そしてその質問の答えがこの記事のタイトルです。

 

以下、好きなキャラを使うようにした方がいい理由を羅列しますが簡潔に結論だけ先に言うとこのゲームはキャラクター性能よりプレイヤースキルの方が遥かに重要であり、拮抗する腕前のユーザーであっても時の運でキャラ性能関係なく勝敗がつく場合があります。なので、無理して強キャラとされるキャラクターを使うよりせっかくの美麗なイラストが多数並ぶゲームなのですから好みのキャラクターを使う方がモチベーションに繋がり、結果的に強くなれると思います。

 

 

このゲームの人気のあるキャラクターにJPというキャラがいます。男女問わずに人気のあるキャラで、この記事を読んでくれている人の中にもまず一番に彼が欲しい!と思った人も少なくないのではないでしょうか?(思ったことがない、JPが誰なのかよく分かってないという人もとりあえず「JPという人気キャラクターがいる」ということが分かってもらえれば大丈夫です)

そして、早速使い方や評価を見てみようと「ブラサバ JP」でインターネットで検索をかけてみると出てくるのは「JPは弱いキャラクター」「扱いが難しく、初心者向きではない」みたいな記事や書き込みが多数出てきます。JPは天才ハッカーなので、他のキャラクターみたいに普通に殴り合うのではなく「ハッキング」という特殊勝利を想定してデザインされたキャラクターかつ、かつてその特殊勝利が環境を取ってしまったことがあり大幅ナーフされた為かなり弱い戦法になっています。だから、JPは弱く初心者向けではないキャラクターであるとよく紹介されています。

でも結局、その差はある程度並んだ腕前の人達とだけで生まれる差です。

武器はなにも持っておらず、防具もなにも装備していない強キャラと武器も防具もきっちり着込んだJPなら100%JPのほうが強いです。そして、このゲームで間接的に武器防具のビルドの助けになるスキルを持っているキャラクターはいますが武器防具を無から生み出すスキルを所持してるキャラはいません。つまりはこのゲームに慣れてさっさと武器防具を作れるようになって周りの初心者よりプレイヤー本人が強くなってしまえばキャラ性能なんて関係ありません。そして上級者になればキャラ性能を覆すほどの圧倒的なPS差を付けるのはかなり難しいですが、知識量が物を言うゲームで始めたばかりで右も左も分からない赤ちゃんみたいなユーザーのあいだではひとつの知識差が圧倒的なプレイヤースキルの差になります。つまりはゲームを開始したばかりの頃は知識さえ吸収しちゃえば簡単に勝てます。

……初心者狩りに遭遇しなきゃ(身も蓋もないことを言うな!)

 

このゲームは継続こそが力になります。では継続するにはどうしたらいい?好きなキャラクターを使ってゲームをすればいいんです。やっぱり左下にデブが常にいるよりも(筆者はデブは好きです。一般論としてデブを貶してます)かわいい女の子や爽やかなイケメンがいるほうがモチベになります。だから顔の好きなキャラを使いましょう!

 

 

 

今回の記事はここまでです。次はビルドの基礎的な知識について書いたり書かなかったりしようと思います。

CP二次創作マン向けルムマルールメモ書き

みなさん、こんばんは。大絶賛コンビニの自由にお座りくださいの席を椅子の前に若い兄ちゃんのカバンが置かれてるせいで座ることが出来ずに立ったままブログを書いている弱者です(身バレ記事失礼)

今回はブラックサバイバルのちょっと特殊なルムマのルールを覚え書きがてら書いてみようと思います。

特殊ルムマ、と言ってもやること自体は普通のルムマです。いわゆる景品有りのルムマとでも言いましょう。タイトルから分かる通り、CP系の二次創作作品を他人に書かせるために鬼気迫る顔で殺し合うルムマです。人によってはランクマよりも気合が入ることでしょう。

しかしこのルムマ、難点があるのです。そう、強い人が勝ってしまうんです。当たり前の事なんですけど非常に大きな問題です。ようはみんなにリクエストする権利を持つ人が固定化されがちなことになるわけです。それはあまりよろしくありません。どうせならみんなでいい思いをしたいです。その為、みなさんの負担が多少増えてしまいますが報酬枠を増やす方向性でルールを設定してみました。

 

【リクエストする権利のある人】

1位…参加者全員に推しCPを献上される(強いから仕方ない)

2位〜4位…4位は最下位、3位は下から2番目の順位、2位は下から3番目の順位の人に推しCPをリクエストできる(参加人数6人以下だとリクエスト権利を持ってる人にも追加の献上が発生してくるが推しCPもらえるんだし気持ちよくかこう!)

 

このゲームはシステム的に4位以上が上位扱いされているので、4位以上がいい夢を見れるルールにしてみました。過去の自分の経験やルムマを見ている感じでは龍相手でも狐の人が上位に食い込むところまでは頑張れてたりするので、誰にでも可能性はあるんじゃないかな?と思います!

 

 

〜以下来そうな質問に先手で答える〜

Q.リクエスト権利持ってる人が地雷カプ推しだったらどうしたらいいですか?

A.
f:id:bokuden1:20180531194038j:image

地雷カプを無理して書いたら死にます!(殺すな)なので書かなくてOKです!リクエスト権利を持ってる人はそのCPはかけません……と言われたら素直にリクエスト内容を変更してあげてください。優しい世界を目指しましょう。

 

Q.小説しか書けませんが参加してもいいものなんでしょうか?

A.
f:id:bokuden1:20180531194303j:image

そもそもなんで小説を軽視するような風潮あるんですかね。僕はめっちゃ読みたいですしエ〜小説なんですか〜?って言うような輩がいれば牧田が責任をもって追跡してキルします。安心してください。

 

Q.絵が上手くありません、シャーペン絵しか描けません、時間があまり取れないのでラクガキクオリティのものしか出せません…etc

A.
f:id:bokuden1:20180531194537j:image

そもそも過度な卑下はよろしくありません。追跡してキルしますよ。

 

Q.二次創作できないけどヒョヌとアイソルのスケベな二次創作が見たいです(どこぞのババランカーのコメントです)

A.
f:id:bokuden1:20180531194721j:image

 

他にも気になることがあればお気軽にお尋ねください。では。

初心者向けキャラ性能解説〜拳法キャラ編〜

みなさんこんばんは。コンパスで推しキャラシーズンが始まった為コンパスの人になっている筆者です。

初心者向けの記事なんてそんなことを書くのに向いてる性格じゃないし書かないぜ!とか豪語していましたが、先述のコンパス内のギルドでブラサバを始めてくれた人への解説として初心者向けブログを書いています。

 

氏は現在ブラサバのモチベがものすごく高いらしく、逐一私に戦績を教えてくれたりコツを聞いてくれます。非常に喜ばしいことだと思いながらも「私軽度のゴリラだけど大丈夫かなぁ…」と思いつつ返信しています。

その彼が「彰一を使っている時、不当利得を当ててもみんな逃げないから熟練度がウマウマ」と言っていました。自分だったら不当利得を当ててもその場をどかれなかったら血管ブチギレると思いましたが、この話を聞いた時初心者の人達はもしかしなくても自分が使わないキャラの性能は把握してないのでは?と思いましたし、現に初心者の彼は自分が使っている彰一とマイ以外のスキルは知らね!と言っていました。これは非常に危険です。熟練プレイヤーの方にしか伝わらないネタで恐縮ですが、この状態でヤンの3スタック熱血コンビネーションを食らった日にはたまらず恐怖で脱糞してしまうでしょう。

 

その為、今回は各キャラの「性能と対峙した時の注意事項」を書いていこうと思います。

また、主観ではありますが「序盤(想定としてはスタート9分以内ぐらい)の危険度」と「終盤(残り6区域以降ぐらい)の危険度」と「ラス1区域のタイマン性能」を☆5段階で評価していきます。

また、キャラクター数が決して少なくないゲームな為各武器種とランダム熟練度キャラと立ち回りがかなり特殊なババラ&JPで記事を分けようと思います。今回は拳法キャラです!

 

 


ヒョヌ
f:id:bokuden1:20180512095018j:image

序盤☆(稀に☆☆☆☆☆)

終盤☆☆

タイマン☆☆

みなさんご存知不親切すぎるチュートリアル担当のヒョヌくんです。ステータスは基本的に低めかつスタートの熟練度もDが基本な中でE+、スキルも火力を出すものではなく熟練度稼ぎスキルなため序盤大して怖くないキャラの1人……なのですがごく稀に頭のおかしい人がいます。熟練度を朝の時点でAの次元にまで持っていく人です。当然攻撃が頭がおかしくなるほど痛いです。初めのうちはまだ相手の熟練度を気にする余裕が無いと思いますが、やたらほかの人達と火力差のあるヒョヌを見かけた時は逃げるほうが無難です。高い熟練度の代償に防具がザルなことが多いので大概は事故死します。事故死することを祈りましょう。

終盤生き残っているヒョヌはだいたい熟練度がたんまりありますが同じ熟練度の別キャラに比べれば圧倒的に脅威度は低いです。微量ながらも体力回復するファイターは地味に恩恵が大きいですが対抗策も特になければ任意発動できるスキルでもありません。トドメの一撃が回復分で耐えられてしまう等致命的なタイミングで回復されないことを祈るだけです。

 

レオン
f:id:bokuden1:20180512142055j:image

序盤☆☆☆(水辺では☆☆☆☆☆)

終盤☆☆(水辺では☆☆☆☆)

タイマン☆(水辺では☆☆☆)

まず第一に、彼は優秀なスキルふたつを揃えている代償にステータスが低いです。つまりは装備と熟練度が対等以上の場面であれば負ける要素は基本ありません。もちろんレオンサイドはそこで負けないように立ち回ってくるのですが。

収集癖でアイテムを早く大量に集めることができる為ビルドが非常に整いやすいキャラなので序盤の危険度を高めに設定しています。しかしそれよりも恐ろしいのは水辺である港、浜辺、池、灯台のみで使うことが出来る人間魚雷です。場所限定なのもうなずける程に手軽に火力の出るスキルであり、回復の無駄遣いをあまりしたくない時にはレオンの顔を水辺で見た時は速攻で立ち去る方が無難です。また、レオンがいる試合で水辺で騒ぎを起こしてしまった時も即座に移動するの推奨です。彼が勿体無い精神で魚雷だけ当てて帰っていく可能性があります。

ただし、レオンの攻撃に使えるようなスキルはこれしかない為、逆に言ってしまえば「人間魚雷を使った後や陸地にいるレオンはただの顔がめちゃくちゃいい軟弱者の兄ちゃん」になります。人間魚雷を食らってしまった時に回復に余裕があるなら逆に殴り掛かるのも手です。

 

ダイリン
f:id:bokuden1:20180512143909j:image

序盤☆☆☆

終盤☆☆☆

タイマン☆☆☆☆

龍や熊といった強いリーグでよく顔を見るキャラのひとりです。酒を見つけてくるスキルで無尽蔵なスタミナを確保し足を止めることなく走り回れたり、酔拳で相手の攻撃を確定で外させるたりそもそも攻撃のステータスが高めと全体的に高水準なまとまりのキャラです。他のキャラみたいにわかりやすく突出している点もないためこれといった対策も特にありません。ただ、酔拳必中の攻撃すらもミスにする為アレックスを使っている人であれば投げつけのタイミングには細心の注意を払った方がいいです。相手は当然投げつけを酔拳で外させるのを狙っています。

 

ヤン
f:id:bokuden1:20180512144632j:image

序盤☆☆☆☆

終盤☆☆☆☆☆

タイマン☆☆☆

筆者調べの「スキル説明読んだだけじゃ何してんのか全然分からないキャラ部門1位」のキャラ。また、上の評価だけ見ると鬼のように強いキャラに見えますが、中盤の強さはぶっちゃけ序盤の周り具合に左右される点が多く一定の評価ができないので今回は評価を省いてますが中盤のヤンはスキルは死んでいる上低い最終ステータスの都合で徐々に周りとステータスを離されている局面なのでびっくりするほど弱いです。中盤ぐらいに差し掛かってから散ったり露骨に失速するヤンは少なくありません。

序盤は単純にステータスが最強です。場所取りに使えるようなスキルを持ってるキャラでなければまず殴り合いに負ける上、スキルを使っても張り合われたら死ぬほど痛い為初動が被ったら素直に譲る方が無難です。

彼のスキルである熱血と熱血コンビネーションは「使ってくれれば意味わかる」というのが1番わかりやすいんですが如何せん新キャラなのでトライアルしばらく来ないと思うんですよね…わかりやすく書いてみようとは思います。

まずはヤンのスキルを極力わかりやすく言語化してみます。小難しい理屈はいらないからもっとわかりやすく説明してくれという人はここは読み飛ばしてください。この下でもっとざっくりした説明をします。

ヤンのスキルは熱血を使用してから30秒間、「ヤンが相手に与えたダメージ」と「相手がヤンに与えたダメージ」の累計で熱血のスタックが増えていき、最大3まで溜まります。熱血のスタックが溜まると受ける被害量が減る他、スタックが0に戻る代わりに「熱血コンビネーション」という攻撃スキルを使うことができます。熱血コンビネーションは熱血のスタックの数が多ければ多いほど強力な攻撃になり、熱血コンビネーションがヒットすると熱血の持続時間がプラスされます。

ここからは野蛮人向けのくっそ雑なスキル解説です。ヤンはだいたい残り6区域〜3区域になると熱血コンビネーションとかいうそこそこ痛い攻撃をほぼ常時の勢いでぶちかましてきます。また、稀にめちゃめちゃ火力が出たと思ったら画面にデカデカと移動不可能ですと出てエリア移動が3秒間できなくなる攻撃までかましてきます(上の解説で言うところの3スタック熱血コンビネーションがこの攻撃になります)移動してから回復する、という手段が取れなくなるため非常に危険な攻撃です。ヤンが終盤まで生き残っている時は多少の回復オーバーには目を瞑って体力を常にマックス近くにしておくのが無難です。回復をケチった結果抱え落ちをしては笑えません。

 

 

拳法メイン適正キャラについての解説は以上です。次は自分の得意武器である銃キャラの解説をしていこうと思います。

銃被りをしたら補給からAK出ない限り浜辺行かなくていい論

こんばんは、ブログを開設してBLゲームのレビューだけ書いたら当然の権利のようにブログを放置していた牧田です。

 

この記事はブラサバが何かを知っているどころかある程度やってる前提で書いてます。初心者向けの解説なんて私には無理だし余計な話なんてバッサリカットだカットだ。

 

 

 

 

本当はこの手の解説系と言うか思考の開示って龍1になってからカッコよくしたかったんですけど、やたら銃について聞かれるので銃についてだけは解説しとくかぁ……(絶望)という気持ちで今書いています。

この手の解説は初手己の戦績を貼るのがお決まりらしいのですが本当に大してすごい戦績じゃないので薄目で見てください。ただ、逆に言えば「この手の記事を参考にしたいぐらいの実力の人達にかなり近い立場の人間」の思考なので実践しやすいんじゃないかな…とは思います。


f:id:bokuden1:20180502194106j:image

この手の解説する人みんな激強だと思うなよ。

ま、まぁいいんですよ!私は文章力にはある程度の自信がありますから分かりやすく書きますよ!龍には一応到達してるからええんですよ!みんな最近感覚麻痺しすぎだけど龍に到達って普通に凄いんだぞ!ばーか!ばーーーか!!!

 

……欠片も強くなさそうな罵声を並べてしまいましたがそのおかげで落ち着きました。
f:id:bokuden1:20180502194615j:image

今シーズンの銃キャラ使用率はこんな感じで、この画面外ではアイソルを9回使用していてナタポンもアイソルも銃運用のみです。前シーズンはあまりにも弱すぎて戦績を残してないのですが、その頃から銃を使用しているのである程度の心得はあると思います。

 
f:id:bokuden1:20180502194840j:image
f:id:bokuden1:20180502194851j:image

絶対変に戦績画面見せるよりも某配信者様のジェムバトで銃レオンで優勝した画像貼る方が解説に説得力出ると思うのでこれも貼っときますね(おやつ感覚)

 

 

銃を使い始めたという人によく「銃被りをすると高確率で事故死しまうのだがどうしたらいいのか」と聞かれます。

これは確かに非常に切実な問題だと思います。最近熟練度システムが変わり武器そのものの火力に焦点が当てられるようになり手軽に高火力青武器が作れることや、少し前はアヤがトップクラスの強さだった為かマッチングで銃キャラが増えている印象があります。

その為今回の解説は銃被りをしたときの立ち回りに焦点を当ててみようと思います。

最近色んな武器種を練習してきたから思います、銃という武器は決して弱くはないのですが難点が多いです。難点のせいで相対的に弱くなってるだけです(結局弱いやん)銃被りが発生した時のキツさもこの難点から来ていると思います。

その為、まずは銃の難点を知って立ち回りを考えるために「銃被りをした時の対処法」ではなく「銃被りをした時に高確率で事故死をしてしまう原因」の方を私なりの考え方でサクッと説明させていただきます。

 

 

事故死の流れ①場所被りする

銃キャラの初手の動きとしては間違いなく浜辺が最強です。故に、銃キャラが2人以上いると浜辺でパンパンと花火大会が開催されがちです。この記事を読んでる人たちも一度は激しい花火大会の音を聞いたことがあるのではないでしょうか。

この撃ち合いの時間は非常に不毛であり、最悪の場合長々とキャットファイトをしている間にレオンアスキンがアイアンナックル片手に浜辺に飛び込んできて人間・マジデシャレニナラナイカラヤメロ・魚雷をぶち込んで来るでしょう。

 

事故死の流れ②銃声がやかましすぎる

銃声は自分が強ければ銃声で己の場所を伝えることで人が来なくなったり、逆に何もしなくても人が突っ込んできてくれて熟練度を稼げる為アドバンテージになります。

では死にかけの時はどうか?当たり前ですが完全にカモが大声で殺してくださいと叫び回ってる状態です。浜辺の不毛な戦いを繰り広げているあいだに早い人はチャッチャと武器やら防具やら回復を整えて何度も何度も銃声に飛び込んでくることでしょう。

 

 

銃被りが早死にする理由は大体こんな感じだと思います。そしてここから分かる銃の目立つ難点はそのまんま、

「銃キャラが複数いるとルートが被りがち」

「回り損ねた時の銃声」

の2点です。他にも困るところはいくつかあるのですが、銃を使い始めた人がまずぶつかる壁はこの2つだと思うのでこのふたつをどう解決して行きましょう。

 

 

場所被りの解決策:アヤかバニスを使うか浜辺に行かないか補給箱からいい武器を出す

3つの解決策を提示しましたがひとつひとつ見ていこうと思います。まずは1つ目のアヤかバニスを使う。この2人の場所取り性能はピカイチです。その強さはスキル打たれたくなさに顔を見ただけで走り去る人が後を絶たないほどです。対面がアヤバニスでない限りは基本スピーディーに浜辺を強奪できるので浜辺に行ってしまって問題ないと思います。

 

2つ目の解決策は個人的にイチオシです。浜辺に行くから被るなら浜辺に行かなきゃいいんですね。簡単な話だったな!

そういう話をすると大抵「じゃあ、スラムスタートでポジトロンを作るの?」と言われるのですがスラムは突きが強い現環境、彰一やフィオラが出没しかねない危険な場所です。それこそ、初動の弱いナタポンやジェニーにとっては握手されたりツルツルされたりしかねないかなり危険な場所になります。

私のおすすめの初動の場所としては第一に港、第二は学校です。

恐らく、ネット上にある銃ルートの97%ぐらいは浜辺スタートルートだと思います。なにせ浜辺スタートは欲しいものをなんでも拾えてしまうので「強い動き」を教えたいルート公開では浜辺スタートが王道になると思います。低めのランクだと何度浜辺から追い出しても浜辺に戻ってくる銃も少なくないです。それぐらい銃キャラは浜辺に取り憑かれているので浜辺以外のスタート場所をひとつマスターするだけでかなり動きがスムーズになると思います。

まずは学校経由の浜辺ルートをマスターしているのであれば学校スタートをしてみるといいと思います。ようはルートの回る区域の順番を前後させ、後から浜辺で銃を拾うだけのルートです。非常に単純なのですが効果は抜群で、ひと部屋にアヤ4人なんてマッチも珍しくない頃は私は学校スタートをしていましたが大概スムーズに事を運べていました。学校は人気地帯ながら初動を学校にする!という人はそこまでいなくて、粗末銃そのものが他よりも少し火力が高めなのである程度のキャラなら粗末武器でも充分追い出せます。先に防具の基盤と酒蒸しパンやお湯を用意することで、立ち回りを安定させていく方法です。

新しくルートを覚える気力と余裕があるのであれば港スタートをしましょう。

港スタートで作る武器はガトリングガンです。
f:id:bokuden1:20180502205412j:image

ランクで作ってる人を自分以外で見たことあるのが一度だけなのですが、手軽で強いです。
f:id:bokuden1:20180502205554j:image

港でワルサーを拾って学校か工場でレザポをくっつけるだけで攻撃38かつ装填数25の武器が完成して、そこにモーターを合わせることできる機関銃は装填数は夢の40、攻撃力はあの血羽拳センパイと同値の42です!港→学校であれば2鉄板2鋼鉄、港→工場であれば2鋼鉄or4鋼鉄がスムーズな動きになると思います(これで大体の人はルート構築できると思うのですがルートもいりますかね…?)

正直AKやイングラムにも負けないぐらい強いと思うのに全く流行ってないお陰で隠密性があるのでものすごく強いと思います。ナディンナーフで無事弓が絶滅危惧種状態に戻ったお陰で港工場灯台洋弓の4鋼鉄とかものすごくやりやすいと思うんですがね…?

 

3つ目は単純です。補給勝ちしましょう。ただしここで大事なことがふたつあります。ひとつめは回復ではなく武器で補給勝ちすること、ふたつめはいい武器を引いても対面がバニスなら大人しく浜辺を譲る方がマシということです。

このふたつで言いたいことは共通して「最初の大事な3分間が減速しかねない」ことを避けたいのが理由です。回復勝ちは結局は粗末銃で長々と撃ち合うことになってしまいますし、バニスはレグショを撃たれると一撃でその場からどかすことが出来ても少しの間モッタモタと探索することになります。「序盤」でそうなるのはまだしも「初動」でレグショをかまされるのはビルド速度で優位に立ちたい銃キャラとしては運が悪いと数秒の差で武器を用意したキャラが屑鉄や甲羅欲しさに浜辺に飛び込んでくる、ということも無きにしもアラブでそんなことがあれば致命傷になりかねません。大人しくレグショは避けましょう。

 

銃声の解決策:ビルド速度を上げるかサイレンサーをルートに組み込むかサブ適正に逃げる

正直武器被りをした時の解決策は上で書き終わっているのでここは蛇足です。銃声に困ってる方や読みたい方はどうぞ。

ひとつめのビルド速度を上げるというものが1番てっとり早い上に有効な解決策です。浜辺学校の流れさえスムーズにできれば3分で防御3桁にも容易に到達できます。学校を経由したおかげで回復まであるため、銃声で人が寄ってきても熟練度を稼ぐチャンスタイムになるだけです。これはとりあえず強い人のルートパクっちゃえばいいと思います(池沼)

ふたつめはゴムと竹で作れるサイレンサーをルートに組み込むだけです。ここで注意しないといけないのはサイレンサーをつけた銃をビルドを進めるとまた銃声が鳴るようになるのでサイレンサーを装着するタイミングはきちんと考えておきましょう。

3つ目はそのまんま銃を使わない方向性ですね。銃なんていらないんや。最悪ナタポンなら初動事故ったときは銃を投げ捨てて素手に切り替える方が生存できると思います。それぐらいに初動で躓いた時の銃声は害悪です。

 

 

 

ひとまず、牧田流銃被りの生存術はこんな感じですがいかがでしょうか?

正直私がガトリングガン信者であることしか伝わらないのではないかと思ったのですが、普段銃を使わない人だと龍1でもガトリングガンが選択肢に入ってない人がいたのでこうしてガトリングガンの可能性を示すのはかなり有益なのではないかなと思い書いてみました。

 

ガトリングガンは不人気なのが何よりも強いのでこの記事読んだ人は伏見ガクの実子(私のプレイヤーネームです)と銃被りをしたら迷わず浜辺に行ってください。ガトリングガンは私が担当するので安心してください!!

ブラッディチェインとかいう神ゲーのレビュー

※結構辛辣なこと言ってます。ブラッディチェイン好きな人は多分見ない方がいい。

※18禁BLゲームの紹介のためにゲームのスクショを貼ってますがBL要素皆無なものしか持ってきてないです。

※普通に頑張ってイベ走ってたせいでメインシナリオ知識はチュートリアル止まりです。そのためプレイ済の方からしてみると変な事を言ってるかもしれません。

※ブラッディチェインは神ゲーです。

 

 

 

 

 

 

 

正直言ってこのブログはブラッディチェインの紹介したさに始めました。

 

ブラッディチェインとはDMMで配信されている18禁BLゲーです。(この記事ではノンケの皆も読めるように紹介する部分はきちんと選んでます

シナリオメインにカード集め要素と探索(バトル)パートもあり、体力を消費してそちらを消化していくことでシナリオを読み進めたりカードを強化してキャラ別のシナリオを読んだりするゲームです。
f:id:bokuden1:20180412040026j:image

タイトル画面で若干の怪しさを演出していますが安心してください。神ゲーですよ。みんなにやって欲しくてレビュー書いてるから当たり前ですね。

 

とりあえずこのゲームのストーリーがどういうものなのか。ざっくり言えばタイトル画面から見て取れるように、異形の力に目覚めたメインキャラ達が化物に囲われた状況の中でどうやっていこうかーと頑張る話です。


f:id:bokuden1:20180412040638j:image

異形化的なものを「変異」と言うのですが幼馴染のヤンデレ枠くんの変異体がヤンデレ要素を突き詰めすぎたあまりにただサイヤ人になっているだけなのが趣深いですね。

 

 

 

 

まずはこのゲームと出会った経緯を。

DMMでエロソシャゲを探していたら新しいBLゲームが視界に入ったのでじゃあやってみるかーと軽率な感じで始めてみたのが出会いでした。なので、事前情報もなにもない状態で始めたんですね。

非常に申し訳ないけど絵があまりお上手とは言えないけれど、BLソシャゲでは稀によくあることです。ゲーム紹介を見るにキャラクター達の受け攻めを自分で決めることができるみたいですし神ゲーの空気をビシビシに感じます。薄っぺらすぎる出会い編もこの辺りで切り上げて早速ゲームをやっていきましょう。

 

 

 


f:id:bokuden1:20180412093442j:image

初手突き刺すような痛みに襲われてビックリしました。開幕で北斗百烈拳をかまされた気分です。

10年前ぐらいの自分が運営していた二次創作サイトのことを思い出してしまい胃が痛くなってきましたがバックで声優にあまり詳しくない私でも知っているような有名声優の美声が流れているおかげでなんとか正気は保てました。文字だけだったら致命傷でした。

 



f:id:bokuden1:20180412093735j:image

息をつく暇もない猛攻はやめて頂きたい。

何この……何?一体これは………何?

私はさっき脳裏をちらついたかつての自分が迷える子羊たちを歓迎してキリ番踏み逃げを禁止していた呪術をはっきりと思い出して胃が荒れてきたんですが今は一周まわってこういうのが新しいんですかね……?

 

私は語彙力がある方ではないため、今後こういった形容しがたい鋭い痛みに襲われた際には「趣深い」という言葉を使わせていただきます。

 

 

 

初手20割をかまされて満身創痍になってしまいましたが逆に言えばもう死んでいるのでどんな衝撃が来ても屁でもないということですね(?)非常に親切なシステムです(?)

出てくるキャラクター達がいちいち一昔前の二次創作同人誌を思わせるなんとなく痛々しい言動をして来るのも初手のインパクトに比べれば可愛いものです。話の展開自体はシリアスですし、ヤンデレ枠の幼馴染がやたらと包丁を武器にすることに執着を見せるのもいかにも私は鬼畜攻めですと言わんばかりの眼鏡の医者がいちいちなんてないことでも鬼畜攻めっぽい言葉選びをしてくるのもキャラクターを厳守しようとする姿勢が非常に趣深い程度です。

 

 

 

 

 


f:id:bokuden1:20180412141553j:image

こいつだけそんな悠長なこと言ってられねぇぐらいヤバいキャラしてるんですけどね。

いや…彼が好きな人には本当に申し訳ないと思いますし、今からボロックソに言いますが私は別に彼のことが嫌いではないことを念頭に置いてください。むしろ好きですよ。

 


f:id:bokuden1:20180412141842j:image

彼の名前は星川伊月くん。声は自転車漫画で山の神をしてそうな声です。

上のスクショを見てもらえれば分かる通り、初登場時はアイドル設定を活かして歌ってる姿を見せてくれたんですね。化物に四方八方塞がれている状態で。化物に求められたからという理由で。

正直私は初見で薄桜鬼で言うところの風間千景みたく「ははーん、メインキャラではあるけど敵サイドのキャラだな?」と本気で思いました。当然の権利のように味方側に来た時は度肝を抜かれました。天然という言葉の重みをひしひしと感じています。

 


f:id:bokuden1:20180412142935j:image

「使い慣れているものを武器にした方がいい」と言われて真っ先にサイン色紙の名前を挙げて実際にそれで戦うことができる辺り彼がトップアイドルであることを感じさせられますね。

しかもこのゲーム…やたらと戦闘画面が気持ち悪い動き方をするのですがその仕様上サイン色紙を構えておきながら体当たりをしているようにしかみえないんですよね。色紙使えや。

戦闘画面についてはこればっかりは実際に見てもらわないとなんとも言い表し難い嫌悪感が伝わらないと思うので筆者のtwitterにアップロードした動画のリンクを貼っておきます。

牧田(ぼくでん) on Twitter: "戦闘システム趣深いですね……….…………….……(全力オブラート)… "

↑録画環境につきゲーム音声がないです。本来は豪華声優陣がやかましすぎるぐらい喋っています。ありがたいですね。

 


f:id:bokuden1:20180412144153j:image
f:id:bokuden1:20180412144313j:image

ついでに。このゲーム、かなりはじめの方で書きましたが異形化要素である変異が目玉システムなんだろうなと思うんですが基本そのデザインがダサい上に戦闘画面で背面を見ると9割の確率で致命的にダサいのをどうにかして欲しいですね。 


f:id:bokuden1:20180412144341j:image
f:id:bokuden1:20180412144353j:image

このふたりの変異は普通に良デザインだと思います。そんな良デザインの変異でも戦闘画面の背面は主にズボンからはみ出てるやぶれたシャツのせいで趣深いことになってるんですけど…。悲しい現実は見たくないのでスクショ用意してません。

 


f:id:bokuden1:20180412144000j:image

話が少し逸れましたが筆者の心をいろんな意味で掴んで離さない伊月くんですが☆4(最高レア)の絵柄がありえないぐらい良くて腰を抜かしました。初めてまともにトップアイドルらしいところを見た気がします。

 

 

 

 

………と、ここまで9割文句だった為この記事をここまで読んでいる酔狂な方々は「クソゲーを皮肉を込めて神ゲーと言っているだけでは?」とお思いでしょうが違います。

このゲームは登場キャラクターのうちの誰か一人でも推せるキャラがいるのであればやる価値があるぐらいにゲームシステム「は」親切の極みであり、プレイしているうちにだんだんゲームの趣深さもクセになってしまうんです。

やばい薬とかではなく、本当にゲームを取り巻くものが質が良すぎて段々このゲームを好きになってしまうんですよ。正直豪華すぎる声優で予算の98パーセントを使った(皆さん裏名義なので敢えて誰がいるかは特筆しません。気になった方は検索してみてください)としか思えないぐらい趣深いところが多いのですがゲームシステムはこの世のキャラゲーBLゲーム、周回推奨ゲーム全てに見習って欲しいぐらい至れり尽くせりです。

今挙げたキャラゲー」「BLゲーム」「周回推奨ゲーム」の3つの観点からこのゲームの圧倒的に素晴らしいポイントを紹介しようと思います。きっと現段階では「こんなんレビュー見るだけでお腹一杯だわ」と思っていた皆さんもこの記事を読み終わる頃にはゲームをやりたくなっているはずです。というかやりたくなってもらわないと困ります、さらなる布教のために私はレビュー書いてるんですよ!

 

キャラゲーとしての良点

このゲーム、今まで見てきたキャラゲーの中でもトップクラスの作り込みだと思います。


f:id:bokuden1:20180412210909j:image
f:id:bokuden1:20180412210926j:image
まずはこちらのリンク。平たく行ってしまえばこの手のゲームによくある時間経過で帰ってくる遠征にキャラふたりを出してそれにより親密度が上がる、というシステムです。

こちらを見てもらえれば分かるように、リンクはメインキャラのみならず全キャラで結ぶことが出来る上に一定レベル到達で解放される項目まであります。非常に申し訳ないのですが筆者がまだこのゲームを始めて3日かつ不精な性格の為まだリンクトークがひとつも開けれていないためどんなものなのかは分からないのですが、それこそ互いに一言コメントをするだけのものであるとしてもこの量は相当なものです。


f:id:bokuden1:20180412211536j:image

また、戦闘中に待機キャラがガヤを入れてくれるとかいうこれまた気が狂いそうな感じに作り込まれたキャラゲー要素があるのですがこちらも恐らくリンクレベルが上がれば好意的な応援をしてくれるのだと思います。

 


f:id:bokuden1:20180412211717j:image
f:id:bokuden1:20180412211730j:image

どうもリンクレベルが低いとギスギスしてる感じかつ苦戦ムードな会話になるらしくくっっそ余裕な戦闘でも「相手が強すぎてやべぇよ」感出して会話されるのはだいぶ面白いんですけどね…。

 


f:id:bokuden1:20180412211603j:image
そしてここでリンクレベルが低くてもかなり真っ当に応援してくれる伊月くんの聖人っぷりを知ってなんか好きになりました。こうやって第一印象は最悪でも絆されてしまう辺りキャラゲーとしてめちゃめちゃ高レベルですね…。彼は天然通り越してサイコパスじみた言動をして戦場にサイン色紙を持ち出すところに目を瞑ればめちゃめちゃいい男ですよ………難点がハイレベルすぎますね?

 


f:id:bokuden1:20180412212051j:image
f:id:bokuden1:20180412212350j:image
f:id:bokuden1:20180412212405j:image
キャラゲー要素はリンクだけではありません。1枚目はガチャから排出された時の画像なのですが、このゲームのキャラクターカードはレポートと名称がつけられており見ての通りアルバムにスクラップされてる感じで記録されています。そしてアルバム画面からイラストを見るとキャラ本人のコメントと、それに対する2キャラからのコメントが書かれています。これが☆2〜☆4全てに付いているのです(☆1にも気持ち程度付いています)

また、☆3と☆4のレポートにはそのレポート専用のキャラボイスまで付いています。親切すぎて怖いですね。

 

 

BLゲームとしての良点

第一にマジで声優が豪華です。声優あんまり詳しくない私ですら聞き覚えのある声ばかりです。この時点でだいぶ強いです。

 

このゲーム、☆2〜☆4までの全てのカードにボーイズがラブラブするシナリオがついています。☆2と☆3はカードごとに受け攻めが決まっていますが同キャラでも別のカードであれば受け攻めが違っています。更に☆4は受け攻めどちらのシナリオを読むかはプレイヤーが決められます。助かりますね。


f:id:bokuden1:20180412214418j:image
f:id:bokuden1:20180412214438j:image

そして☆2でもセックスできました。

最後に自分語りのコーナーを開催する時に改めて言いますが、筆者は春彦くんに骨抜きにされているので彼の受けシナリオ読みたさに所持している春彦くんのカードで唯一の受けだった☆2のシナリオを開けてきました。

セックスしてました。シナリオ読める範囲で最低レア度のカードでもセックスしてました。

流石に撮り下しボイスやスチルはなくセクシーなことになってる立ち絵をバックに汎用喘ぎ声や汎用フェラ音などが流れていましたが、本当に気持ち程度のプチシナリオがついてる程度だろうと思っていたので度肝を抜かれました。男と男がどったんばったん性的に大騒ぎしとるやんけ……。


f:id:bokuden1:20180412215230j:image
f:id:bokuden1:20180412215241j:image

所持している☆4の中では若宮くんが一番好みだったのでサクッと彼の受けシナリオを開けてみました。

流石にフルボイスとまではいきませんが撮り下しボイス多数、若宮くんのお尻と主人公の紫くんの股間が仲良しこよしになっているスチルに気持ち程度の差分まで付いてきてこれまた予想外に豪華です。

このゲーム、どうもめちゃめちゃ短いスパンでイベント開催しててそれこそゲームはじめて3日目の自分でも余裕で複数枚回収できる難易度で☆4が配られてるのですがまさかこれもガチャ産☆4並に中身充実してるんですかね……?正直今までやってきたBLゲームは安易なセックスにすらある程度の課金をしないとたどり着けないレベルで世知辛いものばかりだったのですがこれは冗談抜きで無課金でも大量にセックスできると思います。何度セックスと言うんだという感じで申し訳ないんですけど皆さんこれ重視してますよね?大事ですよね?なら事実を伝えないと……。

 

 

 

③周回推奨ゲームとしての良点

まず第一に上でもチラッと触れましたがイベントが短いスパンで開催されているうえに報酬カードがとても簡単に手に入ります。
f:id:bokuden1:20180412220152j:image

手持ちの【朽ち果てた花】ってやつが私がイベント終了3日前にゲームを開始して回収したイベント報酬カードです。計4枚回収出来てます。あまりにも入手難度が低すぎてビックリです。

 


f:id:bokuden1:20180412220409j:image
f:id:bokuden1:20180412220419j:image
しかもこのゲームのバトルはクエストごとに課せられたミッション3つをクリアしてバッジを貰えば戦闘をスキップすることができます。

完全に地獄のような周回作業に慣れきってしまったオタク達とんでもなく甘やかして逃がさない構えです。実際私はこのスキップ機能の便利さのあまりに心情としては「ブラッディチェインというダメンズウォーカーによって元々ダメ寄りだったのが完璧にダメ人間になってしまったクソ野郎受け」になってしまっています。もうブラッディチェイン君以外の周回したくない。俺は君じゃなきゃイケないんだ(クソ野郎受けの気持ち)


f:id:bokuden1:20180412220758j:image

レベルアップ時のAPのオーバーフロー回復も完備です。オーバーフロー分もスキップ機能のおかげで秒で消費できるのでとんでもなくストレスフリーな周回ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでこの記事を読んでくれた聖人はもう私がいかにこのゲームのことが大好きなのかわかってると思うので包み隠さず言ってしまいますね。初めは「なんだこのクソゲー」ぐらいの気持ちでプレイしていましたがゲームをしているうちにストレス要素を極力失くした快適なゲーム性、鬼のように作り込まれているキャラゲー要素、どこまでも親切なセックス神ゲーとしか言いようのないプラスの要素に揉まれまくった結果このゲームが大好きになり、少しでもユーザーが増えてほしいと今回この記事を長ったらしく書くのに至りました。

 


f:id:bokuden1:20180412222232j:image

このゲームが第一印象でめちゃめちゃに損してるのは言うまでもないんですよね。

ブラッディチェインは神ゲーという考えに染められた今の私でもこのポエムに対しては「趣深いな……」という感情しかないですし伊月くん(トップアイドル)に対しても「いい子ではあるけどめちゃめちゃ趣深いよな………」という感情は拭えませんし多分この先ずっと思ってます。

ただ、正直絵のうまい絵師を雇って人気声優用意してそれっぽいシナリオさえあればみんな課金してシナリオ読んでくれるからシステム周りが不便だったり重課金ゲーでも大丈夫!!という空気感が拭いきれないBLソシャゲ界隈においてこんなに丁寧に作り込まれているゲームは初めてプレイしました。

 

私は突き抜けてクソでもない限りプレイして面白いと思ったものしか人に薦めません。まず大して面白くないもののためにプレゼン考えるのが面倒ですしね。

今回は自分の持てる文章力全てを使ってブラッディチェインというゲームをアピールしたつもりです。

はじめの方はかなりディスり倒してますが話の掴みとしてはあれがいい感じかな、と思ったし書いてある文章は実際に自分が思ったことなんです!許して!

この記事をきっかけに、少しでもユーザー数が増えてブラッディチェインの更なる発展に微量でも力添えできればこの上なく嬉しいと思います。

 

 

 

 

 

 

〜ここから下は読まなくてもいい自分語りです〜

 

 

 

 

チュートリアルシナリオ段階でのメインキャラに対しての筆者の所感


f:id:bokuden1:20180412223310j:image

申し訳ないけど正直姫だな…って印象しかない。ただまぁ別のキャラでそんな雑な印象すら持たれてない人もいるのでマシだと思います。
f:id:bokuden1:20180412223315j:image

テンプレ鬼畜医者攻めとしての自覚がかなり強いらしくメスに異様すぎる執着を見せてる。言葉選びのセンスがいちいち一昔前の二次創作同人誌の鬼畜攻めじみてて古傷がうずきますね。
f:id:bokuden1:20180412223327j:image

なんか己が傭兵であることをめっちゃ誇りに思ってるのか傭兵アピールがすごい。
f:id:bokuden1:20180412223416j:image

マジで申し訳ないんだけどめちゃめちゃ美声で服が死ぬほどダサいことしか印象に残ってない。彼が特別影が薄い、というよりは周りが濃すぎて完全に埋もれてる。
f:id:bokuden1:20180412223419j:image

彼については上で満足するまで語りましたが第一印象ほどはヤベー奴じゃないんだなという感じです。第一印象が突き抜けすぎなんですけどね。
f:id:bokuden1:20180412223425j:image

ヤンデレ幼馴染枠。包丁に異様な執着を見せるのがひと昔のヤンデレ感があって趣深いですね。今設定を読んで人当たりがいいという文字が書いてあることに驚きを隠せないぐらい主人公以外への当たりがクッッソ強いです。正直私は主人公に対して素直に行為を向けてくれるキャラクターを素直に好きになるのでメインキャラだと彼が一番好きです。

 

 

☆うちの推しピッピ


f:id:bokuden1:20180412223501j:image

上の方でもチラッと触れましたが長春くんに骨抜きにされてます。程よく主人公大好きかつなんかやたらふにゃふにゃだけどエロいに私の端末の紫くんの紫くん(中心部)は激しく昂っています。ほかのアクの強すぎるメンツに比べると無難に商業BLしてると思います。
f:id:bokuden1:20180412223513j:image

戦場にイエスノー枕を持ち出す難点にだけ目を瞑れば非常に高水準な男です。

みんなも推しましょう。

初ブログ…ども…

俺みたいな社会人でブログ書いてる腐れ野郎、他に、いますかっていねーか、はは

今日の職場の会話
最近うちの子どもがママって言ってくれた とか ペットのポチが可愛い とか
ま、それが普通ですわな

かたや俺は電子の砂漠でふたなり美少女を見て、呟くんすわ
it’a true wolrd.狂ってる?それ、誉め言葉ね。

好きな美少女 巨乳ロングスカートのふたなり
尊敬する人間 愛昧亭うまみ(TS行為はNO)

なんつってる間に3時っすよ(笑) あ~あ、社畜の辛いとこね、これ