ふたなりアイランド

牧田(ぼくでん)が思ったことを適当に書いていくブログです。気分でBLゲームや18禁ゲームのレビューもするので気をつけてください(当然ブログにはそういった直接的な描写は載せません)

ブラッディチェインとかいう神ゲーのレビュー

※結構辛辣なこと言ってます。ブラッディチェイン好きな人は多分見ない方がいい。

※18禁BLゲームの紹介のためにゲームのスクショを貼ってますがBL要素皆無なものしか持ってきてないです。

※普通に頑張ってイベ走ってたせいでメインシナリオ知識はチュートリアル止まりです。そのためプレイ済の方からしてみると変な事を言ってるかもしれません。

※ブラッディチェインは神ゲーです。

 

 

 

 

 

 

 

正直言ってこのブログはブラッディチェインの紹介したさに始めました。

 

ブラッディチェインとはDMMで配信されている18禁BLゲーです。(この記事ではノンケの皆も読めるように紹介する部分はきちんと選んでます

シナリオメインにカード集め要素と探索(バトル)パートもあり、体力を消費してそちらを消化していくことでシナリオを読み進めたりカードを強化してキャラ別のシナリオを読んだりするゲームです。
f:id:bokuden1:20180412040026j:image

タイトル画面で若干の怪しさを演出していますが安心してください。神ゲーですよ。みんなにやって欲しくてレビュー書いてるから当たり前ですね。

 

とりあえずこのゲームのストーリーがどういうものなのか。ざっくり言えばタイトル画面から見て取れるように、異形の力に目覚めたメインキャラ達が化物に囲われた状況の中でどうやっていこうかーと頑張る話です。


f:id:bokuden1:20180412040638j:image

異形化的なものを「変異」と言うのですが幼馴染のヤンデレ枠くんの変異体がヤンデレ要素を突き詰めすぎたあまりにただサイヤ人になっているだけなのが趣深いですね。

 

 

 

 

まずはこのゲームと出会った経緯を。

DMMでエロソシャゲを探していたら新しいBLゲームが視界に入ったのでじゃあやってみるかーと軽率な感じで始めてみたのが出会いでした。なので、事前情報もなにもない状態で始めたんですね。

非常に申し訳ないけど絵があまりお上手とは言えないけれど、BLソシャゲでは稀によくあることです。ゲーム紹介を見るにキャラクター達の受け攻めを自分で決めることができるみたいですし神ゲーの空気をビシビシに感じます。薄っぺらすぎる出会い編もこの辺りで切り上げて早速ゲームをやっていきましょう。

 

 

 


f:id:bokuden1:20180412093442j:image

初手突き刺すような痛みに襲われてビックリしました。開幕で北斗百烈拳をかまされた気分です。

10年前ぐらいの自分が運営していた二次創作サイトのことを思い出してしまい胃が痛くなってきましたがバックで声優にあまり詳しくない私でも知っているような有名声優の美声が流れているおかげでなんとか正気は保てました。文字だけだったら致命傷でした。

 



f:id:bokuden1:20180412093735j:image

息をつく暇もない猛攻はやめて頂きたい。

何この……何?一体これは………何?

私はさっき脳裏をちらついたかつての自分が迷える子羊たちを歓迎してキリ番踏み逃げを禁止していた呪術をはっきりと思い出して胃が荒れてきたんですが今は一周まわってこういうのが新しいんですかね……?

 

私は語彙力がある方ではないため、今後こういった形容しがたい鋭い痛みに襲われた際には「趣深い」という言葉を使わせていただきます。

 

 

 

初手20割をかまされて満身創痍になってしまいましたが逆に言えばもう死んでいるのでどんな衝撃が来ても屁でもないということですね(?)非常に親切なシステムです(?)

出てくるキャラクター達がいちいち一昔前の二次創作同人誌を思わせるなんとなく痛々しい言動をして来るのも初手のインパクトに比べれば可愛いものです。話の展開自体はシリアスですし、ヤンデレ枠の幼馴染がやたらと包丁を武器にすることに執着を見せるのもいかにも私は鬼畜攻めですと言わんばかりの眼鏡の医者がいちいちなんてないことでも鬼畜攻めっぽい言葉選びをしてくるのもキャラクターを厳守しようとする姿勢が非常に趣深い程度です。

 

 

 

 

 


f:id:bokuden1:20180412141553j:image

こいつだけそんな悠長なこと言ってられねぇぐらいヤバいキャラしてるんですけどね。

いや…彼が好きな人には本当に申し訳ないと思いますし、今からボロックソに言いますが私は別に彼のことが嫌いではないことを念頭に置いてください。むしろ好きですよ。

 


f:id:bokuden1:20180412141842j:image

彼の名前は星川伊月くん。声は自転車漫画で山の神をしてそうな声です。

上のスクショを見てもらえれば分かる通り、初登場時はアイドル設定を活かして歌ってる姿を見せてくれたんですね。化物に四方八方塞がれている状態で。化物に求められたからという理由で。

正直私は初見で薄桜鬼で言うところの風間千景みたく「ははーん、メインキャラではあるけど敵サイドのキャラだな?」と本気で思いました。当然の権利のように味方側に来た時は度肝を抜かれました。天然という言葉の重みをひしひしと感じています。

 


f:id:bokuden1:20180412142935j:image

「使い慣れているものを武器にした方がいい」と言われて真っ先にサイン色紙の名前を挙げて実際にそれで戦うことができる辺り彼がトップアイドルであることを感じさせられますね。

しかもこのゲーム…やたらと戦闘画面が気持ち悪い動き方をするのですがその仕様上サイン色紙を構えておきながら体当たりをしているようにしかみえないんですよね。色紙使えや。

戦闘画面についてはこればっかりは実際に見てもらわないとなんとも言い表し難い嫌悪感が伝わらないと思うので筆者のtwitterにアップロードした動画のリンクを貼っておきます。

牧田(ぼくでん) on Twitter: "戦闘システム趣深いですね……….…………….……(全力オブラート)… "

↑録画環境につきゲーム音声がないです。本来は豪華声優陣がやかましすぎるぐらい喋っています。ありがたいですね。

 


f:id:bokuden1:20180412144153j:image
f:id:bokuden1:20180412144313j:image

ついでに。このゲーム、かなりはじめの方で書きましたが異形化要素である変異が目玉システムなんだろうなと思うんですが基本そのデザインがダサい上に戦闘画面で背面を見ると9割の確率で致命的にダサいのをどうにかして欲しいですね。 


f:id:bokuden1:20180412144341j:image
f:id:bokuden1:20180412144353j:image

このふたりの変異は普通に良デザインだと思います。そんな良デザインの変異でも戦闘画面の背面は主にズボンからはみ出てるやぶれたシャツのせいで趣深いことになってるんですけど…。悲しい現実は見たくないのでスクショ用意してません。

 


f:id:bokuden1:20180412144000j:image

話が少し逸れましたが筆者の心をいろんな意味で掴んで離さない伊月くんですが☆4(最高レア)の絵柄がありえないぐらい良くて腰を抜かしました。初めてまともにトップアイドルらしいところを見た気がします。

 

 

 

 

………と、ここまで9割文句だった為この記事をここまで読んでいる酔狂な方々は「クソゲーを皮肉を込めて神ゲーと言っているだけでは?」とお思いでしょうが違います。

このゲームは登場キャラクターのうちの誰か一人でも推せるキャラがいるのであればやる価値があるぐらいにゲームシステム「は」親切の極みであり、プレイしているうちにだんだんゲームの趣深さもクセになってしまうんです。

やばい薬とかではなく、本当にゲームを取り巻くものが質が良すぎて段々このゲームを好きになってしまうんですよ。正直豪華すぎる声優で予算の98パーセントを使った(皆さん裏名義なので敢えて誰がいるかは特筆しません。気になった方は検索してみてください)としか思えないぐらい趣深いところが多いのですがゲームシステムはこの世のキャラゲーBLゲーム、周回推奨ゲーム全てに見習って欲しいぐらい至れり尽くせりです。

今挙げたキャラゲー」「BLゲーム」「周回推奨ゲーム」の3つの観点からこのゲームの圧倒的に素晴らしいポイントを紹介しようと思います。きっと現段階では「こんなんレビュー見るだけでお腹一杯だわ」と思っていた皆さんもこの記事を読み終わる頃にはゲームをやりたくなっているはずです。というかやりたくなってもらわないと困ります、さらなる布教のために私はレビュー書いてるんですよ!

 

キャラゲーとしての良点

このゲーム、今まで見てきたキャラゲーの中でもトップクラスの作り込みだと思います。


f:id:bokuden1:20180412210909j:image
f:id:bokuden1:20180412210926j:image
まずはこちらのリンク。平たく行ってしまえばこの手のゲームによくある時間経過で帰ってくる遠征にキャラふたりを出してそれにより親密度が上がる、というシステムです。

こちらを見てもらえれば分かるように、リンクはメインキャラのみならず全キャラで結ぶことが出来る上に一定レベル到達で解放される項目まであります。非常に申し訳ないのですが筆者がまだこのゲームを始めて3日かつ不精な性格の為まだリンクトークがひとつも開けれていないためどんなものなのかは分からないのですが、それこそ互いに一言コメントをするだけのものであるとしてもこの量は相当なものです。


f:id:bokuden1:20180412211536j:image

また、戦闘中に待機キャラがガヤを入れてくれるとかいうこれまた気が狂いそうな感じに作り込まれたキャラゲー要素があるのですがこちらも恐らくリンクレベルが上がれば好意的な応援をしてくれるのだと思います。

 


f:id:bokuden1:20180412211717j:image
f:id:bokuden1:20180412211730j:image

どうもリンクレベルが低いとギスギスしてる感じかつ苦戦ムードな会話になるらしくくっっそ余裕な戦闘でも「相手が強すぎてやべぇよ」感出して会話されるのはだいぶ面白いんですけどね…。

 


f:id:bokuden1:20180412211603j:image
そしてここでリンクレベルが低くてもかなり真っ当に応援してくれる伊月くんの聖人っぷりを知ってなんか好きになりました。こうやって第一印象は最悪でも絆されてしまう辺りキャラゲーとしてめちゃめちゃ高レベルですね…。彼は天然通り越してサイコパスじみた言動をして戦場にサイン色紙を持ち出すところに目を瞑ればめちゃめちゃいい男ですよ………難点がハイレベルすぎますね?

 


f:id:bokuden1:20180412212051j:image
f:id:bokuden1:20180412212350j:image
f:id:bokuden1:20180412212405j:image
キャラゲー要素はリンクだけではありません。1枚目はガチャから排出された時の画像なのですが、このゲームのキャラクターカードはレポートと名称がつけられており見ての通りアルバムにスクラップされてる感じで記録されています。そしてアルバム画面からイラストを見るとキャラ本人のコメントと、それに対する2キャラからのコメントが書かれています。これが☆2〜☆4全てに付いているのです(☆1にも気持ち程度付いています)

また、☆3と☆4のレポートにはそのレポート専用のキャラボイスまで付いています。親切すぎて怖いですね。

 

 

BLゲームとしての良点

第一にマジで声優が豪華です。声優あんまり詳しくない私ですら聞き覚えのある声ばかりです。この時点でだいぶ強いです。

 

このゲーム、☆2〜☆4までの全てのカードにボーイズがラブラブするシナリオがついています。☆2と☆3はカードごとに受け攻めが決まっていますが同キャラでも別のカードであれば受け攻めが違っています。更に☆4は受け攻めどちらのシナリオを読むかはプレイヤーが決められます。助かりますね。


f:id:bokuden1:20180412214418j:image
f:id:bokuden1:20180412214438j:image

そして☆2でもセックスできました。

最後に自分語りのコーナーを開催する時に改めて言いますが、筆者は春彦くんに骨抜きにされているので彼の受けシナリオ読みたさに所持している春彦くんのカードで唯一の受けだった☆2のシナリオを開けてきました。

セックスしてました。シナリオ読める範囲で最低レア度のカードでもセックスしてました。

流石に撮り下しボイスやスチルはなくセクシーなことになってる立ち絵をバックに汎用喘ぎ声や汎用フェラ音などが流れていましたが、本当に気持ち程度のプチシナリオがついてる程度だろうと思っていたので度肝を抜かれました。男と男がどったんばったん性的に大騒ぎしとるやんけ……。


f:id:bokuden1:20180412215230j:image
f:id:bokuden1:20180412215241j:image

所持している☆4の中では若宮くんが一番好みだったのでサクッと彼の受けシナリオを開けてみました。

流石にフルボイスとまではいきませんが撮り下しボイス多数、若宮くんのお尻と主人公の紫くんの股間が仲良しこよしになっているスチルに気持ち程度の差分まで付いてきてこれまた予想外に豪華です。

このゲーム、どうもめちゃめちゃ短いスパンでイベント開催しててそれこそゲームはじめて3日目の自分でも余裕で複数枚回収できる難易度で☆4が配られてるのですがまさかこれもガチャ産☆4並に中身充実してるんですかね……?正直今までやってきたBLゲームは安易なセックスにすらある程度の課金をしないとたどり着けないレベルで世知辛いものばかりだったのですがこれは冗談抜きで無課金でも大量にセックスできると思います。何度セックスと言うんだという感じで申し訳ないんですけど皆さんこれ重視してますよね?大事ですよね?なら事実を伝えないと……。

 

 

 

③周回推奨ゲームとしての良点

まず第一に上でもチラッと触れましたがイベントが短いスパンで開催されているうえに報酬カードがとても簡単に手に入ります。
f:id:bokuden1:20180412220152j:image

手持ちの【朽ち果てた花】ってやつが私がイベント終了3日前にゲームを開始して回収したイベント報酬カードです。計4枚回収出来てます。あまりにも入手難度が低すぎてビックリです。

 


f:id:bokuden1:20180412220409j:image
f:id:bokuden1:20180412220419j:image
しかもこのゲームのバトルはクエストごとに課せられたミッション3つをクリアしてバッジを貰えば戦闘をスキップすることができます。

完全に地獄のような周回作業に慣れきってしまったオタク達とんでもなく甘やかして逃がさない構えです。実際私はこのスキップ機能の便利さのあまりに心情としては「ブラッディチェインというダメンズウォーカーによって元々ダメ寄りだったのが完璧にダメ人間になってしまったクソ野郎受け」になってしまっています。もうブラッディチェイン君以外の周回したくない。俺は君じゃなきゃイケないんだ(クソ野郎受けの気持ち)


f:id:bokuden1:20180412220758j:image

レベルアップ時のAPのオーバーフロー回復も完備です。オーバーフロー分もスキップ機能のおかげで秒で消費できるのでとんでもなくストレスフリーな周回ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでこの記事を読んでくれた聖人はもう私がいかにこのゲームのことが大好きなのかわかってると思うので包み隠さず言ってしまいますね。初めは「なんだこのクソゲー」ぐらいの気持ちでプレイしていましたがゲームをしているうちにストレス要素を極力失くした快適なゲーム性、鬼のように作り込まれているキャラゲー要素、どこまでも親切なセックス神ゲーとしか言いようのないプラスの要素に揉まれまくった結果このゲームが大好きになり、少しでもユーザーが増えてほしいと今回この記事を長ったらしく書くのに至りました。

 


f:id:bokuden1:20180412222232j:image

このゲームが第一印象でめちゃめちゃに損してるのは言うまでもないんですよね。

ブラッディチェインは神ゲーという考えに染められた今の私でもこのポエムに対しては「趣深いな……」という感情しかないですし伊月くん(トップアイドル)に対しても「いい子ではあるけどめちゃめちゃ趣深いよな………」という感情は拭えませんし多分この先ずっと思ってます。

ただ、正直絵のうまい絵師を雇って人気声優用意してそれっぽいシナリオさえあればみんな課金してシナリオ読んでくれるからシステム周りが不便だったり重課金ゲーでも大丈夫!!という空気感が拭いきれないBLソシャゲ界隈においてこんなに丁寧に作り込まれているゲームは初めてプレイしました。

 

私は突き抜けてクソでもない限りプレイして面白いと思ったものしか人に薦めません。まず大して面白くないもののためにプレゼン考えるのが面倒ですしね。

今回は自分の持てる文章力全てを使ってブラッディチェインというゲームをアピールしたつもりです。

はじめの方はかなりディスり倒してますが話の掴みとしてはあれがいい感じかな、と思ったし書いてある文章は実際に自分が思ったことなんです!許して!

この記事をきっかけに、少しでもユーザー数が増えてブラッディチェインの更なる発展に微量でも力添えできればこの上なく嬉しいと思います。

 

 

 

 

 

 

〜ここから下は読まなくてもいい自分語りです〜

 

 

 

 

チュートリアルシナリオ段階でのメインキャラに対しての筆者の所感


f:id:bokuden1:20180412223310j:image

申し訳ないけど正直姫だな…って印象しかない。ただまぁ別のキャラでそんな雑な印象すら持たれてない人もいるのでマシだと思います。
f:id:bokuden1:20180412223315j:image

テンプレ鬼畜医者攻めとしての自覚がかなり強いらしくメスに異様すぎる執着を見せてる。言葉選びのセンスがいちいち一昔前の二次創作同人誌の鬼畜攻めじみてて古傷がうずきますね。
f:id:bokuden1:20180412223327j:image

なんか己が傭兵であることをめっちゃ誇りに思ってるのか傭兵アピールがすごい。
f:id:bokuden1:20180412223416j:image

マジで申し訳ないんだけどめちゃめちゃ美声で服が死ぬほどダサいことしか印象に残ってない。彼が特別影が薄い、というよりは周りが濃すぎて完全に埋もれてる。
f:id:bokuden1:20180412223419j:image

彼については上で満足するまで語りましたが第一印象ほどはヤベー奴じゃないんだなという感じです。第一印象が突き抜けすぎなんですけどね。
f:id:bokuden1:20180412223425j:image

ヤンデレ幼馴染枠。包丁に異様な執着を見せるのがひと昔のヤンデレ感があって趣深いですね。今設定を読んで人当たりがいいという文字が書いてあることに驚きを隠せないぐらい主人公以外への当たりがクッッソ強いです。正直私は主人公に対して素直に行為を向けてくれるキャラクターを素直に好きになるのでメインキャラだと彼が一番好きです。

 

 

☆うちの推しピッピ


f:id:bokuden1:20180412223501j:image

上の方でもチラッと触れましたが長春くんに骨抜きにされてます。程よく主人公大好きかつなんかやたらふにゃふにゃだけどエロいに私の端末の紫くんの紫くん(中心部)は激しく昂っています。ほかのアクの強すぎるメンツに比べると無難に商業BLしてると思います。
f:id:bokuden1:20180412223513j:image

戦場にイエスノー枕を持ち出す難点にだけ目を瞑れば非常に高水準な男です。

みんなも推しましょう。