ふたなりアイランド

牧田(ぼくでん)が思ったことを適当に書いていくブログです。気分でBLゲームや18禁ゲームのレビューもするので気をつけてください(当然ブログにはそういった直接的な描写は載せません)

初心者向けキャラ性能解説〜拳法キャラ編〜

みなさんこんばんは。コンパスで推しキャラシーズンが始まった為コンパスの人になっている筆者です。

初心者向けの記事なんてそんなことを書くのに向いてる性格じゃないし書かないぜ!とか豪語していましたが、先述のコンパス内のギルドでブラサバを始めてくれた人への解説として初心者向けブログを書いています。

 

氏は現在ブラサバのモチベがものすごく高いらしく、逐一私に戦績を教えてくれたりコツを聞いてくれます。非常に喜ばしいことだと思いながらも「私軽度のゴリラだけど大丈夫かなぁ…」と思いつつ返信しています。

その彼が「彰一を使っている時、不当利得を当ててもみんな逃げないから熟練度がウマウマ」と言っていました。自分だったら不当利得を当ててもその場をどかれなかったら血管ブチギレると思いましたが、この話を聞いた時初心者の人達はもしかしなくても自分が使わないキャラの性能は把握してないのでは?と思いましたし、現に初心者の彼は自分が使っている彰一とマイ以外のスキルは知らね!と言っていました。これは非常に危険です。熟練プレイヤーの方にしか伝わらないネタで恐縮ですが、この状態でヤンの3スタック熱血コンビネーションを食らった日にはたまらず恐怖で脱糞してしまうでしょう。

 

その為、今回は各キャラの「性能と対峙した時の注意事項」を書いていこうと思います。

また、主観ではありますが「序盤(想定としてはスタート9分以内ぐらい)の危険度」と「終盤(残り6区域以降ぐらい)の危険度」と「ラス1区域のタイマン性能」を☆5段階で評価していきます。

また、キャラクター数が決して少なくないゲームな為各武器種とランダム熟練度キャラと立ち回りがかなり特殊なババラ&JPで記事を分けようと思います。今回は拳法キャラです!

 

 


ヒョヌ
f:id:bokuden1:20180512095018j:image

序盤☆(稀に☆☆☆☆☆)

終盤☆☆

タイマン☆☆

みなさんご存知不親切すぎるチュートリアル担当のヒョヌくんです。ステータスは基本的に低めかつスタートの熟練度もDが基本な中でE+、スキルも火力を出すものではなく熟練度稼ぎスキルなため序盤大して怖くないキャラの1人……なのですがごく稀に頭のおかしい人がいます。熟練度を朝の時点でAの次元にまで持っていく人です。当然攻撃が頭がおかしくなるほど痛いです。初めのうちはまだ相手の熟練度を気にする余裕が無いと思いますが、やたらほかの人達と火力差のあるヒョヌを見かけた時は逃げるほうが無難です。高い熟練度の代償に防具がザルなことが多いので大概は事故死します。事故死することを祈りましょう。

終盤生き残っているヒョヌはだいたい熟練度がたんまりありますが同じ熟練度の別キャラに比べれば圧倒的に脅威度は低いです。微量ながらも体力回復するファイターは地味に恩恵が大きいですが対抗策も特になければ任意発動できるスキルでもありません。トドメの一撃が回復分で耐えられてしまう等致命的なタイミングで回復されないことを祈るだけです。

 

レオン
f:id:bokuden1:20180512142055j:image

序盤☆☆☆(水辺では☆☆☆☆☆)

終盤☆☆(水辺では☆☆☆☆)

タイマン☆(水辺では☆☆☆)

まず第一に、彼は優秀なスキルふたつを揃えている代償にステータスが低いです。つまりは装備と熟練度が対等以上の場面であれば負ける要素は基本ありません。もちろんレオンサイドはそこで負けないように立ち回ってくるのですが。

収集癖でアイテムを早く大量に集めることができる為ビルドが非常に整いやすいキャラなので序盤の危険度を高めに設定しています。しかしそれよりも恐ろしいのは水辺である港、浜辺、池、灯台のみで使うことが出来る人間魚雷です。場所限定なのもうなずける程に手軽に火力の出るスキルであり、回復の無駄遣いをあまりしたくない時にはレオンの顔を水辺で見た時は速攻で立ち去る方が無難です。また、レオンがいる試合で水辺で騒ぎを起こしてしまった時も即座に移動するの推奨です。彼が勿体無い精神で魚雷だけ当てて帰っていく可能性があります。

ただし、レオンの攻撃に使えるようなスキルはこれしかない為、逆に言ってしまえば「人間魚雷を使った後や陸地にいるレオンはただの顔がめちゃくちゃいい軟弱者の兄ちゃん」になります。人間魚雷を食らってしまった時に回復に余裕があるなら逆に殴り掛かるのも手です。

 

ダイリン
f:id:bokuden1:20180512143909j:image

序盤☆☆☆

終盤☆☆☆

タイマン☆☆☆☆

龍や熊といった強いリーグでよく顔を見るキャラのひとりです。酒を見つけてくるスキルで無尽蔵なスタミナを確保し足を止めることなく走り回れたり、酔拳で相手の攻撃を確定で外させるたりそもそも攻撃のステータスが高めと全体的に高水準なまとまりのキャラです。他のキャラみたいにわかりやすく突出している点もないためこれといった対策も特にありません。ただ、酔拳必中の攻撃すらもミスにする為アレックスを使っている人であれば投げつけのタイミングには細心の注意を払った方がいいです。相手は当然投げつけを酔拳で外させるのを狙っています。

 

ヤン
f:id:bokuden1:20180512144632j:image

序盤☆☆☆☆

終盤☆☆☆☆☆

タイマン☆☆☆

筆者調べの「スキル説明読んだだけじゃ何してんのか全然分からないキャラ部門1位」のキャラ。また、上の評価だけ見ると鬼のように強いキャラに見えますが、中盤の強さはぶっちゃけ序盤の周り具合に左右される点が多く一定の評価ができないので今回は評価を省いてますが中盤のヤンはスキルは死んでいる上低い最終ステータスの都合で徐々に周りとステータスを離されている局面なのでびっくりするほど弱いです。中盤ぐらいに差し掛かってから散ったり露骨に失速するヤンは少なくありません。

序盤は単純にステータスが最強です。場所取りに使えるようなスキルを持ってるキャラでなければまず殴り合いに負ける上、スキルを使っても張り合われたら死ぬほど痛い為初動が被ったら素直に譲る方が無難です。

彼のスキルである熱血と熱血コンビネーションは「使ってくれれば意味わかる」というのが1番わかりやすいんですが如何せん新キャラなのでトライアルしばらく来ないと思うんですよね…わかりやすく書いてみようとは思います。

まずはヤンのスキルを極力わかりやすく言語化してみます。小難しい理屈はいらないからもっとわかりやすく説明してくれという人はここは読み飛ばしてください。この下でもっとざっくりした説明をします。

ヤンのスキルは熱血を使用してから30秒間、「ヤンが相手に与えたダメージ」と「相手がヤンに与えたダメージ」の累計で熱血のスタックが増えていき、最大3まで溜まります。熱血のスタックが溜まると受ける被害量が減る他、スタックが0に戻る代わりに「熱血コンビネーション」という攻撃スキルを使うことができます。熱血コンビネーションは熱血のスタックの数が多ければ多いほど強力な攻撃になり、熱血コンビネーションがヒットすると熱血の持続時間がプラスされます。

ここからは野蛮人向けのくっそ雑なスキル解説です。ヤンはだいたい残り6区域〜3区域になると熱血コンビネーションとかいうそこそこ痛い攻撃をほぼ常時の勢いでぶちかましてきます。また、稀にめちゃめちゃ火力が出たと思ったら画面にデカデカと移動不可能ですと出てエリア移動が3秒間できなくなる攻撃までかましてきます(上の解説で言うところの3スタック熱血コンビネーションがこの攻撃になります)移動してから回復する、という手段が取れなくなるため非常に危険な攻撃です。ヤンが終盤まで生き残っている時は多少の回復オーバーには目を瞑って体力を常にマックス近くにしておくのが無難です。回復をケチった結果抱え落ちをしては笑えません。

 

 

拳法メイン適正キャラについての解説は以上です。次は自分の得意武器である銃キャラの解説をしていこうと思います。